成長の証・・・な訳で

この記事は約2分で読めます。

最近の息子、椅子に座らせても、足を放り出して伸ばし、なんだか偉そう(笑)。
成長して、足が窮屈になり始めたようだ。お父さん、日々の成長を嬉しく思いますぞ!おはこんばんにちは。
柱の傷は、おととしの~♪柱の傷ではありませんが・・・(笑)。

成長の証

成長の証

本日、使っているハイチェアの足の板を、1段下げました!写真の通り、1段下げても、足がガッツリと着いています。

ダイニングテーブルに座って食事をしている子の55%は「足が安定していない(大人用の椅子に座るなどして、足がブラブラしている)」とのことでした。
実は、足がブラブラしている状態では、咬合力(かむ力)も咬合面積も15%ダウンしていることがわかっています。

足をしっかり着けて食べる事は、噛む力にも繋がるという記事を複数読みましたので、この足場のある椅子にした理由です。デザインも洗練されていますよね。
1972年に誕生したトリップトラップですが、シンプルながら飽きの来ないデザイン。
そして、成長に合わせて板の位置を調整できるので、最終的には大人になるまで座れます。まぁ、耐重量が80kgまでですがね。機能性に優れたデザイン。北欧家具ならではって感じかなー。
大人になる前に、離乳食まみれで椅子がカピカピしているんですが・・・(笑)。

ストッケ

ストッケ

 

さてさて私は、朝一にアパートの契約更新へ行ってきました。
前回は、家賃交渉の末、1,000円OFFをもぎ取ったんですが、今回は、契約更新の書面が送られてきた時点で、交渉せず1,000円OFFになっていました。なので、住み始めた時より2,000円安い賃料。1,000円でも、2年だと24,000円だから大きいですよね。
まぁ住めば住むほど、築年数も増えるわけで、物件の競争力が低下するから値下げするのは当たり前なのかな?!都内だったら、値下げとか無さそう。

ではでは、よい休日を・・・ほなね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました