栗のシードル・・・な訳で

この記事は約2分で読めます。

ヒョードル?(格闘家か!)

ノンノン、シードルでございます。リンゴの発泡酒の事を、シードルだと言うのかと思いますが、私がお世話になっています「ル ブルターニュ」さんで、昨日から変わり種のシードルが発売しましたー。ブルターニュさんは、神楽坂に本店がある、そば粉のクレープことガレット専門店です。ステマじゃないのよ、ステマじゃないのよ、空気が入っただけ。おはこんばんにちは。
なななんと、栗のシードル。普通のシードルの2倍の値段がしますが、どんな味がするか飲んでみたーい。シードルのようだけど、その後にほのかに香る、栗・・・なんだか、いやらしいわねっっ!!

『キスティン キュヴェ 17(栗のシードル) 750ml』 2,000円

“琥珀の色も泡立ちもシードルそのものなのに、口に含むとはじけるりんごのスパークリング感とほのかな栗の香り、そして後に残る栗の味。そう、栗のシードルKystinです。シャンパンのようなお洒落なボトルに大きく「17」の数字がありますが、これは16種類のりんごをブレンドした後、17番目に栗の実を加えたことに由来するそうです。”
http://www.le-bretagne.com/shop/jp_cidre.html

注文してみよっかなー。送料を考えると、ちょっと気が引けますが、どんな味するんだろー。そもそも栗の味って、どんなんだっけね(笑)。栗の花は、アレみたいですが・・・。
皆様、どうでしょう?ぐんない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました