カプセル・・・な訳で

この記事は約1分で読めます。
今日は、特に書くネタもないですなぁ。
書く事もない時は、自慢の創作ダンスでみんなをお出迎えです、ボンバラボン。
今日も鳩に餌を撒き夕暮れ、黄昏、カツカレー、元カレ、おはこんばんにちは!
穴兄弟!

たまには仕事のお話。ホームページを作っていると、お金を掛けずに見栄えを良くする為に、著作権フリーの素材ってのを使う事が多くなります。お金を持っている大企業なら、きちんと撮影するんですが・・・。

とあるページを作成していて、薬のカプセル色って、黄と白とか、青と白とかに色が分かれているじゃないっすか。それって意味あるのかなぁって、会社の人達が疑問に持ちました。黄色は風邪系、青色は精神系、中田はヤスタカ系とかとか・・・。色が決まっているとしたら、ページを見た識者に誤解を与えてしまいます。
早速、ダイヤルダイヤルダイヤルッ・・・子供電話相談室にメールしてみました(看護師っぽい人)。
「あ、あのぅ、どどどうしたら、赤ちゃんが産まれるんですか?」

「セックル!」

患者の薬の取り違えを防止する為に、色を付けたりするらしいんです。

全くもって色自体は、特に意味無し。

コメント

  1. murasaki より:

    SECRET: 0
    PASS:
    先生 今日のお話の意味がわかりません(笑)

  2. Tomokax より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >murasakiさん

    カプセルの色によって、風邪なのか胃薬なのか、意味が分かれてるのかなぁっていう素朴な疑問さ。
    赤ちゃんがどうやって出来るかは、ぼぼくにも、わわ分からないんだな。

タイトルとURLをコピーしました