バルス!・・・な訳で

この記事は約4分で読めます。

眠い目をゴシゴシ擦りながら、色々擦っている男です。おはこんばんにちは。では土日の出来事を日記に書きとめて置きます・・・「オヤツは戸棚の中よ・・・母より」。
土曜日。この日は珍しく都内へ行って来ました。目的場所は先月チケットを予約してもらった「三鷹の森ジブリ美術館」です。三鷹と言いながら、吉祥寺の方が近いよと会社の人に言われたので、吉祥寺ことジョージ高橋の駅で下車して、井の頭公園をトボトボ歩いて・・・行きたかったんだけど、12時~12時30分までに入場指令が美術館から出てるので、相方を引き摺りながら到着。「クルブシが痛い!痛い!」叫んでましたが、お構いなしです。入り口でトトロの人形がお出迎え、早速中へ。最初に見たのがどうやってアニメーションが出来てるか・・・そんなような展示室。ジブリキャラのコマ割のフィギュアが高速回転してる所に点滅ストロボが当たって動いているように見えたのが凄いキレイでした。続いて映像展示室で今月の上映『水グモもんもん』を見ました。・・・生き物いっぱいで気持ち悪っ!!チケット取るなら『めいとこねこバス』の時の方が良いのかもしれないっすねぇ。2階へ行くとぽよぽよしたネコバスに乗れるとこがありますが、ここは子供限定。羨ましそうに眺める相方小さいオッサン31歳。ずっと眺めたあとガッカリ肩を落として、トボトボ歩いて行きました。美術館というだけあって、そーんな長居ができる場所では無いですな。会社の人は1時間もあれば見終わるよって言ってたけど、確かに・・・。そんな中屋上は、ラピュタ好きの私にとって、最高の展示場ですな!黒い石の前で「黒い石だ!伝承の通りだ!読める!読めるぞー!」とムスカばりの企み顔でパチリ。

帰りも井の頭公園をトボトボお散歩していると、風船使いの大道芸人さんがちょうど大道芸を始めるとこでした。歩き疲れた我々は、ベンチに座りながらしばし鑑賞。上手い具合に客をイジリ、数人しか居なかったお客さんも最後には取り囲むように見入ってたなぁ。お金を使わず、こういうのもたまにいいっすね。
都内という事もあり、品川にあるパシフィック東京に宿泊です。チェックインを済ませ、予約した目黒にある黒毛和牛もつ鍋のお店「懐炉」(東京都品川区上大崎2-14-3)へ。車じゃないので、ちょいと一杯。レバ刺しと白味噌のモツ鍋を注文しました。レバ刺しウマー!!生グレ飲みつつレバ刺し・・・やっぱりンマー!!モツ鍋のモツもコラーゲンたっぷりの和牛モツで、歯応えを楽しみつつ油ンマーです。

品川駅に戻りホテルとは、逆方向の品川埠頭へトボトボ歩く。歩いてばっかで疲れましたが、レインボーブリッジを見つつ、三脚とカメラを持って歩く。凄い怪しい人です(笑)。職質されたら、プロのカメラマンでも無いので盗撮ですか?ちょっと署までと言われかねないですな(笑)。ホテルも高い階だったので、窓ガラスがあるけど夜景を撮ってみました。都内の夜景は距離が近いので山から見る夜景とは違いますが、それはそれでキレイでした。・・・こう考えてみると単なるカメラ小僧みたいっすね。いや実際そうなんだけど(笑)。

日曜日。品川にせっかく泊まったという事もあり、ランチは贅沢に「アロマ・クラシコ 」(東京都港区港南2-16-3 品川グランドセントラルタワー グランパサージュ1 1F)へ。2900円のパスタランチを食べてきました。麻布十番にある「アロマフレスカ」の原田シェフのお店みたいです。アロマフレスカの方は予約しようとしても、3ヶ月先まで満席らしいっすよ(笑)。そしてミシュラン一つ星のオーナーシェフです。そんなセレブの味は分かりませんので、こちらで大満足です。前菜も美味いし、パスタ美味いよなぁ。
腹ごしらえをしたとこで、品川から有楽町へ移動。私が行きたかった場所、フォトエントランス日比谷へ、行き先も言わずに・・・。武井伸吾氏の写真展「星宙夜想」!入場料を払っても見たいなって思ってたら、無料でした。本やネットで見る作品もいいけど、ネットはモニターによって色が違うし、本だって印刷時に色が変わってしまうかもしれない。それを言ったら現像プリントした時にだって色変わってるじゃんってね(笑)。だけど、そういう写真展で生のやつを見たかったんです。綺麗な星空にウットリ。思わず展示会に売ってたサイン入りムック購入。
*************************************
星空を見上げて/武井 伸吾
¥2,520
Amazon.co.jp

*************************************
10月21日の23時ごろにオリオン座流星群が極大するので、その日は、家のベランダから、撮影してみよっかな・・・。平日ですが、月明かりの影響がまったくない最高の条件らしいので、皆様、是非お空を眺めて見てください。-流れ星に何を思い何を願いますか?-意外にロマンチストな私でした。ぐんない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました