Money Changes Everything・・・な訳で

この記事は約4分で読めます。

そろそろスマホを買い替えてから2年が経つので、so…節目の年(笑)!格安SIMへ移行しようかと検討中でございます。
電池の減りやタッチ切れなど、スマホに不具合があれば、またdocomoで機種変更しようかなーって思ったのですが、まだまだ現役で1、2年は使えそうな雰囲気。スマホゲームはしないし、電話もこない・・・メールもこない・・・LINEも・・・友達が・・・・・・・泣くな、ともちゃん。おはこんばんにちは。
結局、こういう切り替えって手続きが面倒だから、ずっとそのままってパターンなんですよね。思い切り大事!格安SIMの月額費用を見て、ランニングを考えるとかなり大損してますよ?!

格安SIMへ移行するには、SIMフリーのスマホを買うか、もしくは3大キャリアの回線に対応している各々の会社を探す事になります。
今までdocomoで使用していた端末があれば、docomo回線の格安SIM会社、FREETELやmineo、LINEモバイル等々を探せば良いのです。各々のキャリアの回線に対応していないと、その端末は使用できないといった感じになります。
格安SIM移行のデメリットをあげるならば、キャリアメールが使えなくなります。最近は、LINEでやり取りする人も増えているので、あまりネックじゃないと思いますけど、それでも「アドレス変えたよ」メールが面倒っすね。
またLINEも、LINEモバイル以外の格安SIMは年齢認証上、LINEのID検索ができないみたいですね。
携帯端末値引きが無いのも辛いとこですかね?特にiPhoneユーザは、新機種を買う時にかなり負担になると思います。私は、拘りも無いので、次に買うならasusのZenFoneとかにします。
あと、キャリア独自の決済が使えなくなるとかっすね。私は使っていないので、困りませんが・・・。

 

そんな事を踏まえつつ、私はDMM mobileを検討しております。

DMM mobile

DMM mobile

乗り掛かった船で、家の光回線もDMMへ移行しようと考えていて、これをするとDMM光mobileセット割で、500円引きとなります。

DMM光

DMM光

これってかなり大きいっす。光回線は、Bフレッツを使用していれば、そのまま転用という形なので、特に大々的な工事みたいなのは必要無いと思われる。

 

現状、これだけの費用が掛かっている我が家。

■フレッツ光とdocomo
===============
5,735円(マンションタイプミニ+フレッツ・テレビ+プロバイダー料金)

+6699円(スマホ代)
===============
12,434円/月

 

切り替える事によって・・・。

■DMM光mobileセット
===============
4,795円(マンションタイプ+DMM光テレビ+[プロバイダー料金込])

+1,620円(スマホ代)
-500円(DMM光mobileセット割)
===============
5,915円/月

▲6,519円/月
▲78,228円/年

 

多分、切り替え月に諸経費は高くなると思うけど、この月額で払い続ければ、数か月でペイできるでしょうなぁ。

そして、子供も大きくなるので、今さらながら固定電話をそろそろ付けようかなーなんて・・・(笑)。さすがに、色々な書類で奥様の携帯番号だったり、私の携帯番号だったり。保育園or幼稚園、小学校・・・家の電話も欲しいところです。
なので、光電話の月額540円に、発信者番号通知リクエスト、着信転送サービス等付いたお得セット1,080円を追加。

 

■DMM光mobileセット+光電話
===============
4,795円(マンションタイプ+DMM光テレビ+[プロバイダー料金込])

+1,620円(スマホ代)
+1,620円(光電話+お得セット)
-500円(DMM光mobileセット割)
===============
7,535円/月

▲4,899円/月
▲58,788円/年

 

うーん、計算すればするほど、早急に変えたい・・・。
フレッツ・テレビとDMM光テレビは同等か。今まで使用していた終端装置の事など、色々と疑問があるので、時間ができたら、ちょっと電話して聞いてみたいと思います。

本当は、妻のスマホも含めて変えた方が、お得感も増すのですが、まぁ、トラブルの元だから止めておきます(笑)。
あれが使えないー、繋がらないー、メールアドレスがー、母親との電話代がー・・・渚にまつわるエトセトラ。
ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました