変わりゆく・・・な訳で

この記事は約2分で読めます。

週末は実家の頼まれごとの為、妻と子供を置いて、熊谷へトボトボと電車で帰りました。いやー、私の知っている景色が、どんどん変わっていきますね。線路沿いの自動車学校は、大量のソーラーパネルがっっ(笑)!これは、暑いぞ熊谷の事業か何かなのかな?そして駅付近には、ハイアールの研究所もできていた。こうやって、知っている景色もどんどん変わっていくのかな。ギャルズ・・・ゲフンゲフン・・・が無くなったり・・・屋形船や東松山の仮面・・・ゲフンゲフンは、まだあるのだろうか・・・おはこんばんにちは。

さて実家に帰り、ドコモ光からきた書類に目を通すと、プロバイダーのIDもパスワードも何も変わってなかった。父親がメールアドレスが変わっていると言ってたのは、私が以前使ってスパムまみれなり、使用していなかったメインのメールアドレスだった為、知らないメールアドレスになっていると親が思ったみたいですね。

そして日曜日が開通日。午前に工事が終わるとだけ聞かされ、家の電話がコールできなくなったのを確認して、ルーターの変更作業開始。無線LANを繋げないなら、手順通りやるだけなんですが、無線LANを繋げるとなると、父親だけだと、ちょっと分かりづらいかなー。

現状、

ONU‐バッファロー製無線LANルーター

だったのを、

ONU‐ドコモからきたひかり電話ルーター(RT-S300SE)‐バッファロー製無線LANルーター

と、ひとつ噛ませなければなりません。お金を払えば、ひかり電話ルーターが無線になるカードがくるようなんですがね。

プロバイダーの変更が無いので、元からあったルーターは何も設定が必要なく、新しいルーターは、ブリッジモードというルーターモードを切って使えば、問題無くバッファローの無線LANルーターが今まで通り使えるはず。やり方はググれば分かります。多少、回線が繋がるのにルーター内でラグがあるのか、パソコンを操作しながら繋がらないなーっと四苦八苦しとりましたが、無事にネットワークに繋がり、新しくなったひかり電話にもコール出来ることを確認して終了。

ついでに父親はガラケーなんですが、前あげたNexus7にLINEを入れてあげました。

母親は変わっていて、LINEのツムツムばかりやっとる(笑)。実姉とツムツムの攻略法とかを二人で話しているのを聞いていて、こういうのがちょっとでもボケ防止になるのかなーと思ってみたり。

90年代終わりから、インターネットの文明開化がきていた我が家。ホームページを作っていたので、初期の頃に契約した、よく分からん使ってないオプション300円ちょっとを十数年間払い続けていたみたいだ(笑)。これを機に、即効解除してきました(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました