ココロ・・・な訳で

この記事は約1分で読めます。

昨晩は、お酒を飲みながらテレビを見てると、ニュース番組で村上氏のスピーチが始まりました。英語で堂々とスピーチしてる姿は、かっこよく、またその内容にも感動し、涙が・・・(笑)最近ダーメダメダメダメ人間・・・と筋肉少女隊が頭から流れてきました。

壁と卵のとこがクローズアップされてますが、テレビ見てて私が好きなとこは、次の箇所でした。
『ここに来る決めた理由のひとつは、多くの人が僕に「行くべきではない」と言ってきたこと。多くの小説家がそうであるように、僕は僕が天の邪鬼であることを好んでいますし、それは僕の、小説家としての本質に関わることです。
自分の目で見たこと、自分の手で触ったことしか信じることができない。だから僕は、何も語らないでいるよりも、自分で見て、ここで語ることを選びました。そしていま、僕はここに来て語っています。』
(この後に、壁と卵の話ぬ繋がる訳ですが・・・。)結構、スピーチ英文と訳がネットにあがってるので、読めますよ。英語が堪能な人は、そのまま聞いて自分で感じとってください(笑)

私は、村上氏の本は読んだ事がありません。それは、あまりにも有名過ぎて、避けて通ってきたのです。そんな私も、天の邪鬼かもしれない。

優しさは素直さからくるって言います。人は時に、素直にならないとダメな時もあると思う・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました