子供のポートレート・・・な訳で

この記事は約4分で読めます。

一時期、フィルムカメラにハマっていて、よくカメラを持ち出して写真を撮っていたんですが、まぁ、時代の流れか、最近はもちろんデジタルです。しかもコンデジ(笑)。
ポジを、自宅でせっせとスキャンする気力も時間も無いっす。

CANON A-1
「CANON A-1」の記事一覧です。

時代はデジタル。カメラのフィルムは高騰し、フィルムを作っているメーカーは、どんどんフィルムの種類も減らしています。フィルムにはフィルムの味わいや発色の良さがあり、1押し1押しのシャッターに入魂したり、現像が上がるまでドキドキだったり面白いですよ。
フィルムカメラで最近撮っていないのかと会社の人に言われて、Amazonでフィルムを調べていると、よく買っていたフィルムがどれも高いなぁ・・・と躊躇(笑)。
コダックのポートラ160なんて、5本パックしか売っておらず5,800円。

[amazonjs asin=”B004RIC11C” locale=”JP” title=”Kodak カラーネガティブフィルム プロフェッショナル用 35mm ポートラ160 36枚 5本パック 6031959″]

ポートラ160は、ホームページにも書いてあるように、なめらかで自然な肌色を表現してくれる。

ポートラ160

ポートラ160

「せっかく子供という被写体がいるんだから」と、会社の人からポートラ160を2本頂戴いたしました。

コダックのポートラ160

コダックのポートラ160

そんな事もあり、久しぶりにカメラを箱から出してシャッターを切ったら、シャッターの鳴きが酷い(カシャッって音じゃなくてキュルーンって音)。私が使用しているのは、シャッター鳴きと電池食いで有名なCanon A-1をよく使っています。

Canon A-1

Canon A-1

ネットで調べると、裏蓋を開け、KUREのシリコンスプレーで指定箇所をシュッとすれば、鳴きが改善されるとか・・・。カメラ屋さんにメンテナンスを出したら、中古でもう1台買えちゃうと思うので、自分でメンテナンスしてみることにしました。

ネットの解説通り、指定箇所にシュッと軽めに一噴き。
噴いた後、ちょっと鳴くものの、以前よりは改善された感じがします。

シリコンスプレーを一噴き

シリコンスプレーを一噴き

よしよし・・・と裏蓋のネジ締めしていると、2本目に入れたネジがいくら回しても締まらない。
ん?!と見たら、本来のネジ穴の隣の穴に突っ込んでしまいました。どうやらモータードライブを付ける穴にネジが埋まったようだ。しかも、そのハマり具合ときたら・・・。こんなにピッタリはまる?!下向きにしても、ストローで吸っても、何しても抜けない・・・。最終手段として、アロンアルファでネジとドライバーを接着してしまおうと考えて実行。でも抜けなかった。お金を掛けずメンテナンスしたつもりが、余計な時間とコストが!!
穴自体は、モータードライブを付けない限り埋まっていても支障が無さそうですが、ネジ1個、どうすりゃ、いいんだぁぁあああ!!精密機器のネジなんて特注なんじゃないの~?!

多分、方法は4択で

  1. 諦メロン
  2. 同じサイズのネジを探す
  3. ジャンクの安いA-1を探して、裏蓋のネジを交換する
  4. Canon F-1に乗り換える(笑)

2が可能なら、これなんですが・・・3なのかなぁ。
明日、もう片方のネジを会社へ持って行って、詳しい人に聞いてみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました