SPEC・・・な訳で

この記事は約2分で読めます。

”通常人間は10%しか脳を使っていないが、その使われていない脳の残りの90%を発揮することによって発現したものとされている。”

遅ればせながら、「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」にハマっております、妻が・・・(笑)。
映画公開に併せてやり始めたスペシャルを観て、ドラマの本編も本日見終わりましたYo!10話目は、同じ堤幸彦監督の「恋愛寫眞」の小池栄子ばりにガッカリしたシーンもありましたが、全体的に面白かったっすね。見終わってから、妻とスペックごっこしております(笑)。何でもかんでも「それ、どんなスペック?どんなスペック?」って言って日常を過ごしております。おはこんばんにちは。え、気持ち悪い夫婦だって?!(笑)

妻は、また1話から観よーって、休日を使って観るようです。しかも「劇場版SPEC ~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇/爻(コウ)ノ篇 」の二部作も仕事帰りに、一人で観に行こうなんて言っております。
SPECを観ていると、新世紀エヴァンゲリオン的な中毒性がありますよね。ネットで検索すると、そう感じている人も多いようで、私も観ていて、アレは何だろう、アレは・・・アレは・・・みたいな感じになります。

「ケイゾク」や「トリック」の監督でもある堤監督。最近のドラマって、何か監督の方が気になったりしますね、私は・・・。「勇者ヨシヒコ 」シリーズと「THE3名様 」シリーズの福田雄一監督が、一番好きかなー。ドラマがやっていたら、とりあえず観ちゃいますね。一昔前って、野島伸司や北川悦吏子等々、脚本家がクローズアップされていたようですが、最近はそうでも無いのかな。

そんな感じでソファーに座り、ゲーム片手にドラマを見続けている私。
ああ 二人は無口に ドラマティック。稲垣潤一的な!

Android携帯からの投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました