みちのく二人旅最終日・・・な訳で

この記事は約2分で読めます。

≪2日目

20日。この日は7時起床です。8時によくある旅館の朝食バイキングを食い、10時には旅館を出ました。この日の目的は、仙台から電車に乗って松島海岸へ。

松島海岸近くのカフェに行きたいと思い、トボトボ観光客に着いて歩くと、「五大堂」へ。松島のシンボルらしいこの建物。ちょっと飛び出た島っぽいとこに建造物がある姿が綺麗でした。またトボトボ観光客に着いて歩くと、どうやらカフェは逆方向(笑)。カフェは、とりあえず諦め、「県立自然公園福浦島」の入り口が近くにあったので、そこへ向かう。海と島との間に赤い橋が掛かっていて、そこから福浦島へと入れます。海無し県出身の我々。海を見ると何か嬉しくなっちゃいますな。そしてそろそろ帰りの新幹線の事もあるので、松島海岸駅に向かいつつ「瑞巌寺」を見学。本堂へと続く参道に洞窟、石碑、石塔、石像等があるんだけど、荘厳・・・こんな風景初めて見たので、ちょっと感動しました。
折角、松島に来たんだから、牡蠣が食いたい、牡蠣が食いたいなんてダダをこねてたんだけど、牡蠣って今は旬じゃないんですね(笑)。そういや、冬になると牡蠣鍋とかあるもんねぇ。でも、松島海岸駅前に牡蠣が食べれるお店が!早速喰らう・・・なんか中途半端にヌルイ牡蠣が出てきて、こんなもんなんすかね(笑)。ワタクシのイメージ図、フッハフッハ言いながら、熱々の殻付き牡蠣を喰らうイメージを返せ!

そんな感じで仙台駅に帰り駅地下街のお土産屋さんへ。たくさんお土産屋さんがあれば、有難いんだけど、逆に選びづらくなっちゃいましたねぇ。悩む悩む。とりあえず、牛タン、萩の月、笹かまっすよね。ベタなお土産をチョイスして、持って帰りましたが、明日家で、その買った牛タンを食うので楽しみにしております。

さて、最後の晩餐ですが、やはり仙台と言えば牛タン。初めは「べこ政宗」というお店に行こうと思ってたんですが、もう荷物も多いし疲労困憊ですので、近場の有名店「利休」にしました。素朴な疑問なんですが、牛タンの付け合せに、何でどの店もキュウリ乗ってんすかね。思わず「牛たんちょっとぜいたくなシチュー定食」な好き嫌いが多いワタクシの小さな抵抗・・・。「牛たん【極】定食」を頼んだ、向かいの席のお肉を横取りです。シチューの方が美味いと思ったアタクシ・・・負け組。

そんな3日目の思い出は・・・

キュウリに始まりキュウリに終わる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました