清浄機・・・な訳で

この記事は約3分で読めます。

てんてんてんてんてんてんてんてんてんてん・・・ぼくらは点になる~♪
・・・オゾンのダンス。って、たまの名曲「オゾンのダンス」をどんだけの人が理解してくれるのか(笑)。おはこんばんにちは。

正常位・・・あ、もとい、空気清浄機が欲しくて、今、色んなサイトを観て検討中です。
今、我が家は、買え買えモード突入(笑)。何かしらの特需がきています・・・奥様は無職でお金無いのに・・・。
そして空気清浄機を調べているうちに気になる事が・・・オゾン発生について。
「イオンの実体である活性種(もしくは活性種のもとになる荷電粒子)を大量に発生させようとして電力をかけすぎると,オゾンが発生してしまう」そうなんです。オゾンって耳慣れた言葉ですが、大量に摂取しますと、実は人体に悪影響を及ぼす物質らしいんですね。ナノイーやらプラズマクラスターやら、昨今の空気清浄機は、これらを発生させて消臭したりウイルス等を抑制したりしているそうで、この時にオゾンが発生しているようですね。まぁ、水や野菜、何でもそうですが、摂取し過ぎは、何でも身体に良くない事は分かりますが・・・。
オゾンなんて、ほとんど都市伝説のような気もしますが、3.11の後の「直ちに影響はない」という言葉に近い感じもします。
気にしないのであれば、真っ先にダイキンのMCK70Rってのが良さそうだし、某電気屋さんで5,000円クーポンを使うと、3万円くらいで買えるので買っちゃいたいんですが、そんな訳の分からぬオゾン問題も自分の中にあり、よく考えて買うのを躊躇っています。

結局、空気清浄機は、自分の為に買うモノじゃなく、小さな子供の為に買うものだし、未熟児で産まれてきた我が子の身体はきっと弱いかもしれない・・・なんて事を考えると、ブルーエアが良いのかな、なんて思います。
ブルーエアは、世界基準No1の空気清浄機ですし、かかりつけの呼吸器系のクリニックの待合室にも置いてあります。しかし、日本のメーカーに比べたら機能の割に価格が高いですし、特にランニングコストが高過ぎる。フィルター交換式なんですが、24時間稼動した場合、半年でフィルター交換。交換フィルターの価格は、6,000円近くします。ちょっとしたプリンターの交換インク商法。まぁ、24時間フル稼働なんてしないだろうから、それでも1年に1回くらいはフィルター交換だろうなぁ。
でもブルーエア良いなぁ・・・オシャレなデザインだし・・・(結局そこか!!)(笑)。

ブルーエアを買うなら650E一択らしいのですが、そんなお金も無いし、そもそもそんな広い部屋じゃないんですよね。だったら、この270E SLIMくらいがちょうど良いかな。
価格は、買おうと思っているダイキンより1万円くらい高いし、機能もそれ以下だろうなぁ。でも、安全、安心を買うと思えば良いのか・・・と自分の中での葛藤が・・・んー悩む(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました