GW2・・・な訳で

この記事は約4分で読めます。

毎日毎日晴れ渡る青空、絶好のゴールデンウィーク日和、いかがお過ごしでしょうか。3連休の2日目という事もあり、知らない街を歩いてみたい~なんて歌いながら、テレビの前でソファーと同化しております。エヴァで例えるとシンクロ率が、400パーセントを超えています。おはこんばんにちは。

さてゴールデンウィークですが、風疹麻しんの予防接種等々を受けたせいで、お休みしておりました不妊治療の再開です。人工授精を4回ほどやりましたが、ご覧のとおり上手くいかず、妻の年齢の事も考えると、早め早めのステップアップでございます。某クリニックで予約しておりました、体外受精のガイダンスに参加してきました。これを機会に、体外受精の実績が不明な現クリニックへ通うより、実績のあるクリニックへ転院する事に決めました。今回ガイダンスに参加したクリニックは、近場にあります。新宿にありますKLCこと加藤レディスクリニックは、ネットでも最後の砦的に書かれており実績もありますが、さすがに働いている妻は通うのが無理かなぁ。
18時から始まるガイダンスは、21時30分までと長丁場。大学ならば2講義分ですな。果たしてトイレに近い私が、そんな長丁場ムーリーと思ったら、1時間ごとに嬉しいトイレ休憩があったYo!始まる前からそちらばかり気になってしまう、尿漏れ率400パーセント。
遅刻厳禁で、遅れたら入れてくれないという事なので、20分前に到着。椅子の数が結構あるなーって思ったけど、見る見るうちに満席になった。やはり不妊に悩むって人は、たくさん居るんだなーって実感。
渡されたレジュメを基に、院長が説明しつつホワイトボードに書いたりし、合間合間で質疑応答をするというスタイルだ。日曜の診察時間外、こんな時間に無料でガイダンスしてくれるのだから、ありがたく聴くしか無いのです。クリニックでは、無料ガイダンスを開いているとこもあるので、試しに行ってみるのも良いのではないでしょうか。
説明会を聴いて夫婦で話し合ってみて、遠くのKLCよりも、このクリニックに通うのが今のところbetterな気がする。なので、今月の妻の生理周期から、転院してみようかと思います。しかしまぁ、最低見積もっても50万円以上のお金が掛かる体外受精。どうなることやら・・・。自治体で、費用の一部を助成していたりしてますので、こういう制度を使っていかないとですね。また、不妊治療への公費助成制度に年齢制限(39歳まで)を設ける制度改正も議論されていますから、今後どうなっていくんでしょうかねぇ。
http://www.city.saitama.jp/www/contents/1333001469813/

ガイダンスも終わり、夕飯を食べずにお腹ペコペコ。大宮にある「ろばた焼北海 」というお店へ行ってきました。メニューは、店にペタペタ貼ってあるので、分かりづらいんですが、飲み物はカクテル以外は、だいたいあるみたいです。食べるのに夢中で、写メを撮るのを忘れておりましたが、美味しい魚料理が頂けます。値段が書いてあるのは、分かるんですが、書いて無いのを頼むとドキドキもんですね(笑)。飲み物もメニューが無いので、値段が分からず、刺身を頼んだら、「盛り合わせもありますよ」と店員さんに言われたので、それを注文したんですが、店内を見渡しても値段が分からない。中トロ、イカ、タコ、貝、ハマチ・・・ウニ!?超ドキドキもんです。その後は、メニューにあるものを注文していったのですが、アラ汁や大アサリ等、どれも美味しかったっすね。
カウンターの前にある紙に、「カワハギ入荷しました」的な貼り紙があったので、注文してみましたが、これも価格が無い・・・。カワハギっぽいのが泳いでいて、水槽から採って包丁で捌いていましたので、新鮮そのもの。しかし、値段を聞くと3,700円ほど(笑)。カワハギの値段に驚愕をし、食事も終盤でお腹もいっぱいだったので、泣く泣く注文をキャンセルしてもらった。今度行った時、最初に注文してみよう。最終的にお会計ですが、二人で7,000円弱でしたね。
妻から「会社帰りに一杯引っ掛ければいいのに」なんて言われたけど、ここは大宮の歓楽街ナンギン。絶対、一人で歩きたくないわ・・・怖いし(笑)!
http://tabelog.com/saitama/A1101/A110101/11005550/

お店で夕飯を食べている最中、妻から衝撃の一言。

「メニューに塩からってある・・・唐揚げ食べたいなぁ。」

・・・って、この店の感じからして、それ塩辛でしょ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました