デロンギ・・・な訳で

この記事は約2分で読めます。
デロンギ ドリップコーヒーメーカー ペッパーコーン CMB6-BK/DeLonghi (デロンギ)
¥18,900
Amazon.co.jp

結婚のお祝いで、会社の人達からデロンギのコーヒーメーカーを戴きました。それを片手に持って帰宅です。サラリーメンの帰宅時間に、大変な大荷物でございます。
LIFE IS SPIRAL-デロンギ
お祝いなのか、何かの罰ゲームなのか。この重みが結婚の重さとでも言うのか、言わないのか。永遠なのか本当か。時の流れは続くのか・・・情熱の真っ赤な“薔薇族”こと私です、おはこんばんにちは。デロンギは、オサレで良いですよね。使わなくてもインテリアになりますね、これ(使わない気か!)。

この包みを片手に持って、早速コーヒー豆デビューをしようと、「カルディへ行こう」と思ったのですが、これを持ってあの狭い通路は勘弁だ。山積みの何かが、雪崩を起こすにちがいない。
ネットサーフィンをして、いろいろコーヒー豆は、どれが良いのか調べてみると、イタリアのラバッツァが良さそうだ。イタリアメーカーで中国製のデロンギさん。やっぱりイタリアならイタリアで同じじゃなきゃ・・・変なトコに拘りがある。So、それがデザイナーの”宿命”と書いて”さだめ”と読むのだろう。しかし、ラバッツァのクオリタ オロは、極細挽きのためにエスプレッソ向きのようだ。

ラバッツァ クオリタ・オロ VP 250g/片岡物産
¥840
Amazon.co.jp

折角なので、イタリアンコーヒーを飲んでみたい・・・が失敗したくない。まず手始めに、カルディのスペシャルブレンドでも買ってみようかなって結論に達しました。安くて、それなりに美味いみたいだ。ネットで調べていると、挽き方に番号とかあるんですか?カルディで挽いてもらう場合には、それを言えばいいのかしら?中細挽きの、7~8番が適してるみたいですが・・・。明日の帰り道に寄ってみよう。スタバで初めて、グランデを言うくらい何て言ったらいいかドキドキですな。

おっと時間だ、ぐんない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました