入院3日目・・・な訳で

この記事は約1分で読めます。

ようやく熟睡・・・かと思ったら、ちょくちょく看護師さんがやってきて、点滴をいじっては、戻っていく。そして点滴の為にずっと付いていた針は、夜中に抜かれた。
朝ご飯を軽く食べると、また点滴がやってきた。「終わったんじゃ・・・」と言ったら、あと2回ほど抗生剤を射つらしい。また針か・・・入院してから何回針を刺すんだろうか。そして初日に針刺しを失敗された新人看護師に射たれた。5分くらいしていると、何か腕が痛い。ナースコールをしてみると違う看護師さんが来て「漏れてるかなぁー」なんて、違う箇所に刺し直してくれた。点滴恐怖症になりつつある。
そして今日から痛み止のドセル錠とムコスタ錠が5日分出た。これはお守りみたいなもんだね。
痛み止を飲んだところで、相変わらずベッドから立ち上がる時は、切った場所から激痛が走る。苦痛だ。本日はオペ後初めて便意がありました。大きい方も紙で拭く時と立ち上がる時は、何とも言えぬ痛さが。
夜、最後の点滴がやってきた。また同じ看護師さんだったら、チェンジって言おうかと思ったけど、違う人で良かった。しかし看護師の彼女から言わせると「そういう失敗で成長していくんだよ」なんて言うが、ワシを踏み台にしないでおくれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました