時雨・・・な訳で

この記事は約1分で読めます。

部屋の中がピータンの香りで、いっぱいに溢れている独身男です。淑女の皆様、おはこんばんにちは!ピータンって何であんな色をしているんだろうか・・・。ピータンという名前が可愛いのに、あのグロテスクな色。ゲロタンの方がお似合いだね。

話は変わって、4月にさいたまスーパーアリーナで開催される、凛として時雨のファイナルに行こうかな、行くのよそうかなぁ。なんて、笑点の黄色い人になりきって脳内会議をしています。取り敢えず1月30日のチケット発売日に、頑張らないで買えたら行こうかと思います。時雨は、みんな技巧派な感じがします。ドラムは上手いし、ベースも女の子らしからぬ音だし、ギターもアグレッシブだし。やってくれそうな気がします。いや、やってくれるに違いない。何かを・・・。
ライブは、シーデーには無いモノを持っている部分があるので、どんなバンドにせよ、ライブへ行ったら変わると思いますね。箱が小さければ、小さいなりの楽しみ・・・大きければ大きいなりの悲しみ・・・。

あぁ、浅蜊の時雨煮を熱々のご飯に乗せて喰らいたい。冬の帰り道。

コメント

タイトルとURLをコピーしました