たかみ・・・な訳で

この記事は約2分で読めます。

雨、雨、雨ー!!じめったい!こころをとかしてーー♪
あ、じれったい・・・でした、おはこんばんにちは。私の安全地帯・・・ここですよ。

「NHK プロフェッショナル 仕事の流儀」は、2週続けてサッカー日本代表のホンディの特集でした。やはり彼の事は、マスコミから発信される情報しか知らないし、表面的な部分しかテレビには出てこないので、単なる変わった人なんかなって思っていました。
でも、どんなに高い位置に居る人でも、本田みたいに努力してきたんだなーって感じますね。最後に彼が「自分にとってのプロフェッショナルとは、自分がしている仕事に対して真摯(しんし)であること。すなわち一生懸命であること。まじめであること。それが僕にとってのプロフェッショナルです。まじめってだけで十分プロフェッショナルだと思います。」って言ってましたが、そりゃ、相手高校のマネージャーを妻にしただけの事はあるね。
まじめとは、うそやいいかげんなところがなく、真剣であること。本気であること。真心のあること。誠実であること。そんな彼は、サッカーに関して、まじめなんだろうね。
私は仕事に対して、プロフェッショナルなんだろうか。そう思わされた、今日このごろ・・・。

「自分の限界を決めてしまって、挑戦することをやめてしまうんです。だから夢がかなわないなんていうことになるんです。」
もっと、大きな夢を持って高みを目指す向上心は、35歳のワタクシでも必要な事なんじゃないだろうか。そう、もうすぐ28歳の漢に教えられるのであった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました