光と闇・・・な訳で

この記事は約1分で読めます。

月末、そして3月が始まった。もうすぐ春になろうかと言う季節なのに肌寒く、そして雨模様だ。早くこのカーキ色のモッズコートから、おさらばしたいものです。あまりにも毎日着ているので、近所の人からは「カーキ色のオジサン」、「カーキさん」、「かーさん(親族に変わってる)」、「その者カーキ色の衣をまといて・・・ゴニョゴニョ」、「カーカーキンキンカーキン」等々、呼ばれているに違いない。今流行りの言葉で表すのならば、右手をグーにして「間違いない」だな。おはこんばんにちは。

国立西洋美術館でレンブラントの展覧会をやるそうだ。
http://www.nmwa.go.jp/
見たいなぁ。結局、去年のオルセー以来、美術館に行ってないかな。何気に忙しく、其どころじゃなかったってのもあるが・・・。
17世紀のオランダ美術を代表するフェルメールとレンブラント。フェルメールは、2・3年前に同じく上野で見たけど、閉館間近に入っちゃって忙しく見たっけ。そして今回は、光の魔術師と呼ばれているレンブラント、見たいなぁ。
音楽もそうだけど、本物を見たり・聴いたりする事は、何かパワーを貰える・・・そんな気がする。

おっと時間だ。ぐんない。

コメント

  1. kho~☆ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おにいさん!
    カーカキンキンなつかしすぎる!!

    カキーン!!
    ひゅーひゅーだよ!!

  2. Tomokax より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >kho~☆さん

    わしの頭ん中、小学生くらいで止まってるからな。消しゴムで消して欲しいくらいだわ。
    あの頃のCMの影響力は偉大だね。

タイトルとURLをコピーしました