I will be back・・・な訳で

この記事は約2分で読めます。

お久しぶりね・・・あなたに会うなんて・・・。急にアレがアレな感じで、アレがきたので母さん赤飯、赤飯用意して~的な小柳トモ子です、おはこんばんにちは。小柳ルミ子にモジッたつもりが、小柳トムっぽくなってしまいました。ちなみにトムさんは、我が街の玉井小中学校出身です。

この前の日記で、山崎まさよしの「One more time,One more chance」の話をしましたが、映画「月とキャベツ」の主題歌の他に、新海誠「秒速5センチメートル」(アニメーション)にも使用されています。

会社に入社した頃に新海誠の「ほしのこえ」のデーブイデーは、無理矢理見させられました(笑)。「ほしのこえ」は、監督・脚本・演出・作画・美術・編集を新海誠が、ほぼ一人で行ったそうです。この作品で何より驚いたのが、背景がPhotoshopで作られている事。ホームページを作成する仕事で、Photoshopを多用している私には衝撃でした。クオリティーが高い。また、舞台が大宮駅前と新座市なので、埼玉県民としては、実に興味深い。

さてさて、前置きが長くなりましたが、昨日は埼玉県内をドライブした後、某所ですごく見たくなった「秒速5センチメートル」の中古デーブイデーを購入しました。タイトルは、桜の花びらの落ちるスピードのことらしいです。とにかくアニメーションとしては、細かい色使い、光の落とし方、コントラスト、背景描写・・・クオリティーが高過ぎます(人物は相変わらず下手っぴで馴染めませんが)。それだけでも映画としてじゃなく、アート作品として見る価値はあると思います。ストーリーは、これから見る人がこの日記を読むかもしれないんで書きませんが、これを見終わった後、私はセンチメンタルジャーニーです。ふと、昔の恋愛の事を思い出してみたり・・・。「センチメンタルじゃねェ!!」を歌ってデビューした松本伊代の姉の事を思い出してみたり・・・。ラジバ・・・
あ、あ、あ、あ、べっべつべつにアニメオタクじゃ無いんだからねっっっ!!
ほら、仕事上・・・ね、色使いとかさ、色使いとか・・・色使いとか。。。

「どうしようもなく気持ちが届かない時も、全体を上から引いて見れば、人は美しい風景に包まれていて、大きな世界と繋がっている。(新海誠)」

コメント

タイトルとURLをコピーしました