フェルメール・・・な訳で

この記事は約2分で読めます。

「真珠の耳飾りの少女」と「真珠の首飾りの少女」。
国立西洋美術館(上野)と東京都美術館(上野)。
マナとカナ。

・・・もう分かんNE-YO!!

野村萬斎氏が出てきて、ややこしや ややこしや~♪ポンッ!って言ってもらいたい、この状況。
妻の為に、童貞を貫きながら生きている真珠夫人です。そんな菊池寛の小説はさておき、おはこんばんにちは。真珠は入れてません。

今週末(2012年6月30日~2012年9月17日)から東京都美術館で、「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」が開催されます。
http://www.asahi.com/mauritshuis2012/
ヨハネス・フェルメールの作品で、誰もが「あ~、あれか」って言うのは、「真珠の耳飾りの少女」の方だと思うのですが、国立西洋美術館で同時期に「真珠の首飾りの少女」という作品も公開されるのです。耳飾りと首飾り、飾りじゃないのよ、涙は、ハッハーン。これが私の中で、ややこしやの原因。この絵画の実写化で、またゴリ押ししないでくだちい。

巧みな光と質感で、レンブラントと並び17世紀のオランダ美術を代表する画家であります。フェルメールの描く青は、フェルメールブルーとも呼ばれ・・・って、美大卒でも無い私、すぐに2chの「こまけーことはいいんだよ」のアスキーアートが頭の中に浮かんできました(笑)。
LIFE IS SPIRAL-AA
ただ素晴らしい絵画と呼ばれるモノを観て、何かを感じ取って(風)、パワーを貰えればいいんです!川平慈英的にも、いいんです、ムムッ!そんなステマブログですよ、えぇ(笑)。せっかく仕事関係で、無料のチケットを頂きましたのでね。ただ、初日だと混雑するだろうから、2~3週目を狙って行ってみやうかな、妻と・・・ムムッ!チケット1枚しか無いのですが・・・。

コメント

  1. cazuerry より:

    SECRET: 0
    PASS:
    首飾り知らんかった!

    うん、耳、首?ぬぬぬ?となるね
    単純に自分の勘違いだと思ってたら
    …ほんとにあったのねー(((^^;)ほえー

    そうそう。
    少し知ってれば見方かわるってだけで
    ワカチコ…だぜぇー。。
    て、イコールな並びだよねこれ。

    フェルメールブルーをだすために…
    ラピスラズリ砕いてたってね(((^^;)
    で、借金してたって…(´Д`)
    かんがえられない。

    絵画のバックボーンなんてさあ、
    大概くだらないのだよね。
    愛人パターンおおし。。(;_;)/~~~

    楽しんでいらっしゃってー。

  2. Tomokax より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >cazuerryさん

    ワシも全く知らんかったが、同じ上野でやっているって事が憎らしいね(笑)。絶対、間違って入る人いるって。

    全く知らん女の子に知識を・・・って、ちょっと賢く見えるけど、逆のパターンだと・・・(笑)。女の子は、知ってるけど知らないフリしている方が可愛かったりするのかな。
    バカと天才は紙一重なんて言うけど、変態な人もいたり、不倫したり、今じゃ考えられんが、一線を越えた人って、そうなっちゃうのかしら。
    私は、普通でいいわ。
    マウリッツハイスは、神戸にも行くから、ぜひぜひ。

タイトルとURLをコピーしました