試写会ブラザー

この記事は約2分で読めます。

今日は、我が地元ネット友、男王氏と映画に。
男王さん、懸賞生活らしく。「ブラザー」の先行当たったらしいので、
俺に、オファーが来た。
場所は、地元のサティーのマイカルワーナー!!!
このサティーって出来たてホヤホヤでさー。
かなりキレイ・・・でもナニも無い・・・(笑。
その代り、超ーーーー映画館キレイでした。
俺と男王さん、キョロキョロしまくり(笑。
やっぱ、某地元映画館とは違うよねー、なんて話しをしながら・・・。
つぅか、ポップコーン売ってるんすけど、
入れ物が大き過ぎ!!!(笑。
食いきれない2人組に食ってもイイよーって話しかけられる始末。。。
さてさて、北野武の「ブラザー」ストーリーの書き出し。

-東京、抗争の果てに組を失った、山本(たけし)。逃げ場を失った男が
向かった場所、それは留学したまま消息が絶えてしまった弟・ケン(真木)がいる
ロサンゼルスだった。すべてを喪った男の最後の拠り所は「血」だったのかもしれない。
言葉も通じない街で、やっと探し当てた弟はジャンキー相手の売人に成り下がっていた。
再会を喜ぶ間もなく、ケンたちのドラッグトレードの現場に出くわしたヤマモトは、
本能の赴くままに彼等を助けるのだが、このドラッグをめぐる小さないざこざが、
ヒスパニックからチャイニーズ、いつしかイタリアン・マフィアという巨大組織を
巻き込んでの抗争に発展していく。生き続けるためには、ヤラレル前に「殺る」しかない。-

こんなような感じで、主演はビートたけし、共演は、オマーエプス、真木蔵人、加藤雅也、大杉漣、寺島進・・・
そんな映画・・・。
えっとーー、なんていうかーー・・・
・・・・・・・・・・・ヽ(´ー`)ノ
僕には、わかりません・・・。
銃撃戦と殺しシーンが多かった・・・。これこそR-15にするべきだ(笑。
要所要所、笑えるシーンとか入れてる所がたけしらしぃかなぁー・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました