パシフィック・リム・・・な訳で

この記事は約2分で読めます。

暇な休日、映画「パシフィック・リム」を観ましたYo!暑さで起きる、夏の日の朝、おはこんばんにちは。
パシフィック・リムのあらすじは・・・
“2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、生命体に対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発に成功する。パイロットとして選ばれた精鋭たちはイェーガーに乗り込んで生命体に立ち向かっていくが、その底知れぬパワーに苦戦を強いられていく。
デル・トロは、「日本の怪獣モノの単なるパスティーシュやオマージュではなく、新しいことができると感じた」と語ったうえで、「日本の漫画、ロボット、怪獣映画の伝統を尊重している」とも答えている”
こんな感じです。

観た時、新世紀エヴァンゲリオンを観た事がある人なら、「エヴァかよ!」って感じになるほど類似している部分が多く、“イェーガーは、神経とマシンを接続する「ドリフト」という方法を取り、パイロットスーツに組み込まれた伝達回路と内部に注入される特殊なジェルによってパイロットの動作をイェーガーに伝達させる。開発当初はパイロット1名だけで操縦を行う構成だったが脳神経への負荷が大きすぎた為、パイロット2名がそれぞれ右脳と左脳と役割を分担する構成となった。”
イェーガーは、2名のパイロットがシンクロする部分が重要なはずなんで、パイロットは兄弟や父と子なんかで組まれているのに、なんで主人公と菊地凛子が一緒に乗れるのか・・・そして最後の最後は・・・(笑)。

怪獣は、英語でもカイジューと呼ばれております(笑)。ネタバレしちゃうので、うすーい感想。観終わって面白いっていうか、王道な感じのストーリーで安心して観れますね。脇のキャラのひとりひとりの個性も強くて、それも良かったなぁ。最後の最後までツッコミ・ベタベタどころ満載なシーンがありますが、日本的な怪獣・ロボットアニメ映画をハリウッドのCG技術満載でやったら、こんな感じになりましたって感じでしょうかね。だから、Yahoo映画の評点も高いんだと思います。男の子は、好きだと思います。

あ、あと芦田プロ・・・さすがです(笑)!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました